二重

お隣の国、韓国ではいわゆる「お受験」が盛んで、試験勉強を効率的にするため、お子さんが二重まぶたの手術可能な年齢になると率先して手術をすすめています。
それほどまでにまぶたは、私たちの健康や美しさに大きく関わってくるものなのです。
それぞれのまぶたのお悩みに合わせた治療方法をご紹介いたします。

施術後の経過・注意事項

まぶたの治療時には3日から2週間ほどの腫れが起こります。
入浴、シャワー浴、目元以外のメイクは目元を触らないようにしていただければ、手術当日から可能です。
また、以前に埋没法をなさっている方は、手術の際に抜糸を行いますが、他院の糸の場合全てを抜くことができない場合がございます。
その他、施術によっては内出血などが生じることがございますので、手術・施術後にご不明な点がございましたら、必ず当院までご連絡ください。