しみ・くすみ・くま

ダメージが蓄積された肌も、もう一度透明感のある肌へ

しみ、くすみ、くま、いずれも加齢とともに悩みが深まる症状です。しかし、しみやくすみ、くまと一口に言っても症状も原因もさまざまなため、自己判断で間違ったケアすると症状を悪化させることになりかねません。それぞれ原因と種類を見極め、最適な治療法を選ぶ必要があります。

こんな悩みはありませんか?

  • しみ、そはかすが気になる
  • しみと肝斑が混在している
  • 肌がくすんでいる
  • 肌に透明感が欲しい
  • 年齢とともに肌色が冴えなくなった
  • 寝不足でもないのに目にくまがある
しみ・くすみ・くま

しみ・くすみ・くまの原因

しみ、くすみ、くまには複数の種類があり、複合的な原因がありますが、中でももっとも大きな要因となるのは紫外線によるメラニンの蓄積です。本来メラニンは肌を紫外線から守る役割があり、肌のターンオーバーがきちんと28日周期で行われていれば、ターンオーバー時に剥がれ落ちます。しかし、ターンオーバーが乱れるとそのまま肌に蓄積して、しみやくすみ、くまとなって現れます。また、ターンオーバーの乱れはメラニンの過剰生産にもつながり、いっそう肌に残りやすくなります。

他にも、しみの中には女性ホルモンが乱れることで発生する肝斑もあります。いずれも根本はストレス、加齢、不規則な生活習慣によって肌のターンオーバーの乱れが生じることで、日頃のダメージから回復できないことにあります。
一度メラニンが沈着してできてしまったしみやくすみ、くまは、自己ケアでの解消は非常に難しいものです。とくに、数種類の要因が合わさってできたしみなどは、自己判断でのケアでは一方のシミだけ悪化させることになりかねません。

こまちくりにっくでは、悩みの原因や種類に合うさまざまな治療法があります。医師が丁寧にカウンセリングを行い、しみやくすみ、くまの種類に最適な施術法の提案を致します。

しみ、くすみ、くまの原因

しみ・くすみ・くまの種類

しみの種類

老人性色素班(日光性黒子)

肝斑

そばかす

炎症後色素沈着

対称性真皮メラノサイトーシス

分布場所、発症時期などから総合的にしみの種類を診断しますが、多くの場合、老人性色素斑、肝斑によるしみが大半を占めます。ただし見極めが難しいしみも多数あり、自己判断せずに診察を受けることをお勧めします。

くすみの種類

メラニンくすみ

血行不良くすみ

糖化くすみ

乾燥くすみ

メラニンが肌に溜まったことによるメラミンくすみは、レーザーなどによる治療が効果的です。その他、血行不良や甘いものを食べ過ぎたことで起こるくすみ、乾燥から起こるくすみがあります。それらのくすみは生活習慣の改善や毎日のケアで解消を目指します。

くまの種類

青くま(紫くま)

黒くま(影くま)

茶くま

くまには大きく分けて3種類あります。青くまは薄いまぶたの皮膚の下にある眼輪筋が血行不良となり透けて見えているものです。黒くまはたるみにより下まぶたが膨らみ影ができることが原因です。そして色素沈着によって起きているのは茶くまです。シミが目元に集中してくまのようになることもあります。

メラニンの蓄積、色素沈着が原因で起きたしみ、くすみ、くまはレーザーなどの治療で改善することができます。さまざまな治療法があるので、症状に合わせて治療法を選びます。

しみ・くすみ・くまの施術一覧

Dermicaゴールドペンシステム

しみ、くすみ、小じわ、肌のはり

高速振動型ニードルのゴールドペンを用い2種類(高分子・低分子)ヒアルロン酸と症状に応じた薬剤をカクテルし直接お肌に注入します。

ベビーコラーゲン・PRP

青くま、黒くま、小じわなど

青くまには、皮膚と眼輪筋の間にコラーゲンやPRPを注入し血行不良の眼輪筋が透けて見えないようにします。黒くまには、凹んだ部分に注入し影をなくします。