PRP/PRPF

年齢とともに増えてくるさまざまな肌の悩み、多くの人にとって悩みは1つ、2つではなく肌全体に感じているのではないでしょうか。PRP注入法では、自身の血液中にある血小板を使って老化した肌細胞を再生させ、肌全体の若返りを図ります。こまちくりにっくではPRP 療法の他にもPRPF療法も行なっています。この治療法はPRPに成長因子を追加してさらなる血小板の活性化を狙った療法です。いずれも肌細胞の再生効果があるため、シワ、タルミ、血流の改善による目の下のクマ改善、その他保水効果など肌全体のエイジングケアが望めます。

こんな悩みはありませんか?

  • ほうれい線、マリオネットラインが目立つ
  • タルミが出てきた
  • 肌全体の改善をしたい
  • 目の下のクマ、疲れ顔を改善したい
  • 肌に潤いが欲しい
  • 老けて見えるくぼみ目が気になる
PRP/PRPF

PRP/PRPFの治療のポイント

血小板は、出血を止めたり傷ついた細胞や血管を修復する働きがあります。また、成長因子が多く含まれているため細胞を刺激して、新たに細胞を作るよう促します。それにより濃縮した血小板を注入することで、細胞が再生化され肌の若返りが望めます。注入するのは自身の血液のため、アレルギーや拒絶反応の心配がほとんどありません。また時間の経過とともに体内に吸収されていくヒアルロン酸やコラーゲンと違い、効果が持続性についても特徴があります。

PRP/PRPFの治療方法

自身の血液を採取した後、遠心分離機にかけ多血小血漿板を取り出します。その後濃縮させシワやクマなどが気になる部位に再注入します。こまちくりにっくではより効果を出すために、さらにb-FGFという成長因子を追加するPRPF注入療法をおもに行なっております。従来のPRP注入法では改善しづらかった目の下の凹みにも有効で、より長い効果の持続が望めます。

PRP/PRPFの副作用・リスク

妊娠中、心臓病、脳梗塞の既往がある方、肝臓が悪い方、血液が固まりにくくなるような薬を内服している方は治療を受けることができません。針を刺した箇所が腫れたり、内出血を起こすことがありますが、時間の経過とともに解消されます。

PRP/PRPFの治療の流れ

血液を採取します

採取した血液を遠心分離にかけ、多血小板血漿を取り出します

PRPFの場合は成長因子(b-FGF)を足します

気になる部位に注入します

PRP/PRPFのよくある質問 Q&A

治療時の痛みが心配です。

非常に細い針を使用しますが、痛みには個人差があります。希望者には麻酔クリームを塗布することもできます(麻酔については別途有料となります)。

ダウンタイムはありますか?

非常に細い針を使用しますが、多少の腫れ、むくみ、内出血を起こすことがあります。メイクでカバーすればほとんど分からなくなります。メイクは針を刺した箇所以外は当日から可能です。

どのくらいで効果が出ますか?

即効性はなく、2〜4週間程度かけてゆっくり効果が現れ始めます。すぐにシワを解消したい場合はヒアルロン酸治療など即効性のある治療になります。

PRP/PRPFの施術料金

施術内容 料金
PRP療法 1キット ¥30,000-
2キット ¥50,000-
3キット ¥70,000-
4キット ¥80,000-
PRP+成長因子 1キット ¥50,000-
2キット ¥90,000-
3キット ¥120,000-
4キット ¥140,000-
麻酔クリーム(希望の場合) ¥500-

基本的に麻酔不要ですが、麻酔が必要な場合は、別途¥500-必要です。

料金はすべて税抜き価格です。