汗止めローション(AB液治療)

院内調剤した特殊な薬液を使用する簡単な治療

塩化アルミニウムを主成分とする院内調剤したAB液というお薬を自宅でワキの下に吹きかけていただくだけの簡単な治療です。エックリン汗腺に炎症を起こし、発汗機能を低下させる治療法です。
ただし、カブレが出ることがあります。また、毎日の治療が面倒かもしれません。

汗止めローションの治療の流れ

自宅で1日1回のスプレー

汗止めローションの施術後の経過・注意事項

  • 周囲にカブレが出ることがあります。
  • 腋臭よりも多汗により効果があります。
  • 中止すると徐々に汗の量が増えてきます。

汗止めローションの副作用・リスク

  • 肌あれすることがあります。
  • 発赤、かゆみがでることがあります。

汗止めローションの施術料金

施術内容 料金
100ml ¥2,000-

料金はすべて税抜き価格です。