陥没乳頭

陥没した乳頭を修復する

陥没乳頭は授乳の際に赤ちゃんが吸い付きにくいだけでなく、見た目も問題です。
「こまちくりにっく」では、国際医療福祉大学の酒井成身教授が開発された「酒井法変法」を採用しています。この方法は、従来の手術法と異なり、術後に装具固定の必要がありません。

陥没乳頭の治療の流れ

局所麻酔

施術

後処置

陥没乳頭の施術後の経過・注意事項

  • 防水テープを貼っていただくと手術当日からシャワー浴が可能です。
  • 乳管は切りませんので、手術後1カ月経てば授乳が可能です。

乳頭縮小の副作用・リスク

  • 腫脹:術後腫れます。
  • 内出血:血が滲んで紫になることがあります。
  • 血腫:創部に血がたまることがあります。
  • 感染:化膿することがあります。
  • 傷あとが目立つことがあります。
  • 左右差がでることがあります。
  • 母乳が出にくくなることがあります。
  • 後戻りすることがあります。

陥没乳頭の施術料金

施術内容 料金
両側 ¥200,000-
片側 ¥150,000-

料金はすべて税抜き価格です。